DOTA2アップデート 7.05きました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、BIGSLICKです。

最近はハースストーンやPUBGなどで忙しくて、dotaをやらない日々を送っています。(とはいっても、2日間くらいdotaをやってないだけです。)dotaは少しやらない期間があると、「最近はdotaやってないなあ」という感覚に陥ります。ということで、ここ2日間くらいはdotaをプレイしていませんが、アップデートが入りました。私なりに思ったことを書きたいと思います。

タワーに関する修正

タワーに修正が入りました。タワーの近くにいる味方ヒーローの数に応じて、タワーのアーマーが上がりますが、アップデートにより上がるアーマーの量が増えました。その分、元のタワーのアーマーが下がりました。

まとめると以下のようになります。
・タワーの近くに味方ヒーローがいると、以前よりもタワーが硬くなる。
・タワーの近くに味方ヒーローがいないと、以前よりもタワーが柔らかくなる。

つまりタワーを守る際に、味方がタワーの近くにいる重要性が上がったということですね。
数値で見ると、1アーマー、2アーマーほどの変更です。これがどれくらい影響があるのか見てみましょう。

アップデート前:tire1タワーの基礎アーマー16 =軽減率49.0%
アップデート後:tire1タワーの基礎アーマー14 =軽減率45.7%

となります。攻撃力100だとすると、「一撃51ダメージ」→「一撃54ダメージ」となります。
味方ヒーローがいないと、tire1タワーの被ダメージは5%ぐらい増えます。若干rotしやすくなったともいえます。

アイテムの修正

Hand of Midas.png:もらえる経験値が減って、もらえるお金が増えた。
個人的にはナーフだと思っています。

Tranquil Boots.png:アーマーが上がらなくなった代わりに、移動速度が上がった。
この変更は大きいような気がします。このアイテムにつなげるために、Ring of Protection.pngが必要なくなりました。逆に言うと、最初の買い物でこのアイテムを買う行為の価値が下がりました。でも、かわりにWind Lace.pngを買えます。この変更がうれしいヒーローもいれば、そうじゃないヒーローもいると思います。

ヒーローの修正

Alchemist.png:毒をまくスキルがナーフ。スキルレベルが低いときは範囲が減少した。ultのクールダウンが減少した。
大会で強かったのでナーフされたみたいです。

Doom.png:久々のバフ来ました。タレントが強くなり、doomの威力が上がりました。
lv20でエンシェントクリープを食べることが出来るようになりました。

Monkey King.png:大会で強かったので、序盤が弱くなるように調整された模様です。

Lina.png:リスポーン短縮タレントがlv15に移動されました。lv10でリスポーン短縮とるのが強かったので、この変更はナーフだと思います。

全体的にタレントのバフが多いです。たぶんタレントの方が調整しやすいのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする