DOTA2アップデート 7.06きました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、BGISLCIKです。domdomから指名を頂いたので7.06アップデートの考察を書きたいと思います。

ソースはこちら(公式)になります.

経験値・ゴールド収入の修正

レーンクリープや、中立クリープに関して修正が入りました。

一番大きい修正は、中立クリープの出現が1分ごとに戻ったことだと思います。(ただし中立から得られる経験値・ゴールドは20%少なくなります)
これによってジャングルのバランスが変化し、ヒーローの勝率に変化が出てくると思います。

レーンクリープにも調整が入っています。開始15分まで、midレーンのクリープが一体増えます。これによって、midにいくヒーローの重要度が上がります。
また、クリープのディナイの仕様が変更されました。

今まで
ディナイする側:経験値は得られない
ディナイされる側:50%の経験値を得られる

6.07
ディナイする側:30%の経験値を得られる
ディナイされる側:70%の経験値を得られる

に修正されました。これは面白い修正ですね。対面がいなくてもディナイをする有用性が生まれました。

次にタワーやロシャンによるゴールド収入に関する修正についてです。
建造物の破壊によるゴールドが、全体的に20%~30%ほど減りました
その代わり、死んだときに減るゴールドが少なくなりました

Shrineの修正

一言で言うと、ナーフされました。
マナの回復量が減り、ゲーム開始から5分後に使用可能になります。
また、エンシェント周りにあるShrineの数が3個に減らされました。

アイテムの修正

いくつかのアイテムのレシピが変わりました。それによって副次的な効果に変化のあるアイテムがあります。

例えば
はレシピが変わったので、HP Regen+8からマナ回復+100%に変更になっています。

今回は、今までナーフされ続けてきたアイテムたちがバフされたりしているので面白いです。
また、初期に買うアイテムが少し安くなっています。これは、初期に買うアイテムのバリエーションを増やすためだと思います。

はUAMではなくなりました。

ヒーローの修正

まず、リスポーン時間を短縮するタレントがすべてなくなりました。

今回の修正はヒーローのスキル内容に関する変更も多いです。
Scepter効果が変更されたりしています。

細かい内容は、公式日本語wikiのアップデートページに記載されていますのでご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする