【CPU温度問題解決した!】CPU使用率がずっと100%問題

古いシステムから新しくPCを乗り換えたからか
色々と不具合が出ました。解決したのでまとめておきます

・問題点

まずおかしいなと思ったのは温度です。
Windows起動後のアイドル状態で60℃もあります。

ゲームをやったときは82℃くらい
↓ゲーム時の温度は以下の記事でまとめてあります。
https://dota2-redwarrior.com/2020/04/25/post-2495/

まあ熱いけど問題なくゲームができているのでこういうもんかなーと思っていたんですが

他の人の同じ構成のレビュー記事を見たら、アイドルでも35℃くらい、
25℃も差がある!これはおかしい!

色々と原因を考えて対処することにしました。

・考えられる原因と本当の原因

以下が自分が考えていた原因です。

CPUグリスが正しく塗られていない

まず考えたのはこれです
CPUグリスがしっかりと塗られていなくて熱がちゃんとファンに伝わっていないんじゃないか? となりました。

CPUグリスを新しく買う一歩手前までいきましたが
ちゃんと自分である程度塗った自身があったし25℃も差がつくとは考えられません。

今回の原因ではありませんでした

・排熱が上手くできていない

ここまで違うとも考えられないし、デフォルトの純正ケースで冷えないなんてことは考えられません。
ただ、ファンは追加したかったので試しに追加はしてみました。
結果は温度は変わらず

今回の原因ではありませんでした

・タスクマネージャーで見るとCPUの使用率が常に100%

これが原因なのかは初めはわかりませんでした。
なぜなら、他のCPU使用率を見るソフトでは正しそうな値が出ていて
CPUが常時100%に張り付いているなんてことはなかったからです。

タスクマネージャー側だけの不具合なのかなーとか勝手に思っていました。

→原因はこれでした

タスクマネージャーは正しく動作していたようです。
常にCPUが100%で動作しており、そのためにブーストの4.5GHzで常に動作、アイドル時でも熱が高くなっていたようでした。
未割当のタスクが勝手にCPUに負荷をかけていたようです。

ゲームなどをやったときはその未割当分が減っていくので、
熱が60℃からあまり上がらなかったようです。

この問題を解決していきます。

・解決方法

ネットで探した所、日本のページにはあまり具体的なのがありませんでした。

海外のページに全く同じ症状の対処法が記載してありました。
https://www.andrewmunsell.com/blog/oculus-rift-bug-power-plan-configuration/

こちらのサイトの画像のようにCPUの使用率がアイドル時でも100%になっていました。

英語がわからない人向け&自分が何やったか忘れないために方法を記載しておきます。

ちなみに何をやるかというとコントロールパネルにはない電源の設定を変更します。

【方法】

①cmdと検索してコマンドプロンプトを右クリック
 管理者として実行をします

②コマンドプロンプト画面で

PowerCfg /SETACVALUEINDEX SCHEME_CURRENT SUB_PROCESSOR IDLEDISABLE 000

と入力してEnterを押す。
Enterを押しても改行されるだけで特に何も変化はありませんが設定は変更されています。

③次に↓を記入して現在の設定を保存します。

PowerCfg /SETACTIVE SCHEME_CURRENT

④再起動する。

⑤タスクマネージャーでCPU使用率を確認する

CPU使用率が常時100%になっていなければOKです。

・まとめ

CPU使用率が正しい表示になってからCPUの温度を見ると

常時60℃なんて事はなくなり35~40℃程度になりました。
ちなみに高負荷なゲーム時の温度も10℃ほど低くなりMAX70℃程です。

ファンのうるささに悩まされることもなくなり

安心です。

電源のプランを変更するとリセットされるみたいなので変更するときは再度設定しなおしましょう

追記

電源オプションでプロセッサのアイドルを有効にする
という方法でも効果があることがわかりました。

レジストリエディタでAttributesの値を0に設定すると電源オプションに上記の設定が出てきます。



あとこれをしてから気づきましたが

こちらの設定をすると
CPUの温度は下がりますが同時に高周波のノイズが発生してしまいました。
ヘッドホンなどにノイズがのる場合には注意が必要です。